男の子用のランドセルを選ぶポイント❘高いオリジナル性

男女の子供

コンパクトサイズが誕生

走る子供

日本には、子どもの成長を祈願する飾り物が多くあります。昔は、誰でもみんな気楽に食事にありつけられなかったことから、生まれた子どもが無事に大人へ成長することが難しかったものです。その為、生まれて初めてのお正月に羽子板や破魔弓などを贈り、子どもの成長を家族みんなで大いに祝ったものです。それが今でも残っており、時期になると大型ショッピングセンターなどで販売されるようになるでしょう。桃の節句に飾る雛人形の他に、端午の節句に飾る五月人形は、今でも昔ながらの職人が一つ一つ手掛けているものです。

五月人形には、生まれた男の子がたくましく育つようにという意味が込められているので、男らしい兜で仕上がっています。自宅内に飾る五月人形は「内飾り」として端午の節句を迎える少し前から飾られるでしょう。「外飾り」は誰もが知っている鯉のぼりがあります。鯉のぼりは、男の子が将来仕事を始めたときに出世するようにという意味が込められています。

五月人形だけでも多少のスペースを要するので、今では五月人形か鯉のぼりのどちらかのみを飾る家庭が増えています。年にこの時期にしか飾れない為、収納スペースがないと保管することは難しいでしょう。その為、近年販売されている五月人形は徐々にコンパクト化しています。もともと、外からの汚れが付きにくいようショーケースに収められているものですが、兜そのもののサイズを小さくしてテレビ台の側にでも充分に飾れるようになっているのです。それでもその装飾は、職人の手作業で細かく施されているので質の高さは健在です。