男の子用のランドセルを選ぶポイント❘高いオリジナル性

男女の子供

桃の節句の代表格

子供

女の子の健やかな成長を祈願して飾られる雛人形は、大きいものだと七段もあるでしょう。職人の手作業で一つ一つの雛人形が作られているものは、七段サイズで約50~100万円するほどの高価格になることもあります。しかし、その価値は一生続くもので贈られた女の子にとって一生涯の宝ものになるでしょう。雛人形は、桃の節句にあたる3月になる前には飾り始めるべきだとされています。立春に入ってから飾ることがベストだとされているので、2月の中旬がちょうどいい時期にあたります。立春は、鬼払いをする節分の翌日にあたるので時期がとても分かりやすいです。

雛段の中には細かな装飾品も多く含まれており、大切に保管していないと失くしてしまう可能性もあります。毎年、しまう際には細かに種類別に分けて、カビが発生しないよう乾燥剤も一緒に入れておきましょう。主役となるお雛様とお内裏様の他には、三人官女、五人囃子など勢揃いしています。それぞれが手に持つ道具や装飾品は外すことができるようになっているものです。

無事に雛人形を飾り、桃の節句の祝いごとを済ませることができたら、出しっぱなしにはせずしっかりとしまいましょう。3月3日の翌日にすぐしまうことも可能ですが、せっかく出した雛人形を楽しみたいという家庭もあるので、3月中旬まで飾るところが多いでしょう。約1年間は陽の目を見ないので、なるべく湿度の低い晴天の日をしまい込む日に選び、丁寧に包み込んでしまいましょう。